こんにちは!
miduのブログへようこそ!
今日もデリであったことをつらつらと書き連ねていこうと思います。

移動中に告げられた衝撃的内容

待機場で待っていると次々とキャストの子たちが入ってきます。
みんないろいろ事情を持っていて、それでもこの仕事に就いているようでした。
昼間はOLとして働いている子。専業主婦。看護師。色んな子がいました。
始めは会話もあまりなかったのですが、自己紹介をして話をしていくうちにいつしか笑いながら会話をしていました。
今流行りの女子会みたいな状態ですかね。
会話も弾んできたころ、ぽろぽろと女の子たちは呼ばれてお客様の所へ。
そして自分もいよいよ呼ばれ、車に乗り客様の元へ向かいます。
車で移動中、姐さん(経営者と元締めがわかりにくいので普段呼んでいた呼び方で書いていきます)から突然衝撃的な言葉が。

「なおちゃん本番できる?」
「はい!?ソープ以外では本番は禁止では?」
「いやぁ・・・そうなんだけど、どうしてもお父さん(元締めの前回出てきた男性の事です)の関係で本番出来る子が必要でね~」
「はぁ・・・そうなんですか・・・。」
「もちろんチップとオプション料がつくから損はしないと思うけど・・・出来そうー?」
「出来なくはないですけど・・・私の需要があればですが・・・。」
「指名来たらじゃあお願いしますね!」

デリの仕事は闇が深いなと思った瞬間でした。

初めての接客で中々帰してもらえないトラブル、そして本番をされる

指定されたホテルに着き、面通しも終わり料金を受け取って部屋に入ります。

「なおです、よろしくおねがいします~。」

簡単な自己紹介から始まり、服を脱ぎながら世間話をします。
シャワーを浴びてプレイ開始。
以前ファッションヘルスでやっていた内容がここで役に立つなんてなぁ・・・。なんて思いながらプレイしていると、

「ごめん我慢できなくなった・・・チップはらうからやらせて?」

といって突然入れてこようとします。

「ちょっと待ってください!本番は禁止ですよ!!」
「わかってるけど、ちゃんとお金払うからさ・・・・。」
「困ります・・・やめて下さい・・・」
「2万渡すから、延長もするから、お願い!!!お店の〇〇ちゃんもやらせてくれるしさ!ね!!」
「まってやめて・・・ああっ!」

そういってそのお客様にあっさり本番をされてしまいます。
しかも生で中出しまでされてしまいました。
その人は1時間延長をして私を散々犯すだけ犯してご満悦です。

「あの・・・ホントに困ります・・・店にこの事を伝えます・・・。」
「じゃあ毎週呼ぶから!それで毎回チップも渡すからそれで許して!?」

お金に困っていた私。
お店からのバックは売り上げに対して60%しかもらえないという事にすこし不満を持っていたため、少し嫌でしたが了承することに。
こうして私はNS嬢としてデリ嬢デビューすることとなりました。

NS嬢として仕事をすることになる私。
そんな中、とても怖い目にあったのです。
次回、アナル拡張
ここまで読んでいただきありがとうございました!