こんにちは!miduのブログへようこそ!
今日も箱ヘルで体験した出来事をつらつらと書き連ねていこうと思います。

シャワー室で何度もイカされる!吹きすぎて頭が真っ白

講習で習った通りに体にボディソープをつけて体をこすり合わせます。
下腹部に硬いそそり立つ熱い何かがあたります。
手で優しくそれを上下にこすると、だんだん大きくなっていきます。

「僕も洗ってあげるよ。後ろを向いて?」

そういってその熱く硬くなったおちんちんを私の股にこすります。
クリがこすれて気持ち良くて、思わず声が出てしまいます。
乳首をコリコリとこねられ、軽くつままれます。

「あれ?おかしいなぁ・・・。石鹸じゃないぬるぬるしたものが出てきてるね」

こすられていたおまんこを指でなぞられます。

「洗ってあげないとね」

そう言って指を入れられ、激しくかき回されると、

「あっやだやめてぇっ・・・!!」

動かされるたびに勢いよく潮吹きしてしまいます。

「お漏らししていけない子だなぁ・・・お仕置きが必要かな・・・。」

シャワー室でフェラをしていたらまさかイラマチオをされる

うがいをしてもらいながらイソジンフェラをしていたら、顔を思い切り掴まれて激しく動かされます。
苦しい・・・息ができない・・・・そう思っていると、

「出すよー。上手に飲めるかな?」

そういって喉の奥に射精されます。
喉の奥が厚くねっとりとした液体で満たされ、苦しくて思わず飲み込んでしまいました。

「あの・・・飲むのオプションになっちゃうんですけど・・・」
「そうだねぇ。ちゃんと飲んだんだ?えらい子だね」

そういって頭を撫でられます。

本当は自分がしてあげないといけないのにとわかっているのに、責められるのを拒めない

洗い流し部屋に戻って、プレイを始めようとすると寝るように言われます。
言われた通り仰向けで横になると耳を甘噛みされながらクリトリスをやさしく指の腹で撫でられます。

「あ・・・っひゃうう・・・・」

声を出さないようにしようと手で口を押えると、手を拘束され頭の上にもっていかれます。
身動きが取れずひたすら責められ、体が思わずびくびくと痙攣してしまいます。

「気持ちいいんだね、可愛いよ。もっといってごらん。」

ヘロヘロになって抵抗出来なくなったのをわかったのか手の拘束を外されましたが、クリを下でコロコロと転がされ、腰を手で押さえつけられます。

「あっひっ・・・・また・・イクっ・・・・やああっ・・・!!」

吹きながら何度も何度もイかされます。
意識が飛びそうになった時フロントから10分前のコールが。

まさかの初日で延長!初めての指名客となる

「お時間10分前でーす。延長なさいますかー?」

延長するかどうかを尋ねようとしたら、相手の方から1時間延長で、と言われました。
まだ続くのか・・・私おかしくなっちゃうよ・・・。
そんな事を思いながらフロントに1時間延長と、オプションでごっくん追加してくださいと言います。

「まだクリ舐めただけだろ?ちゃんと中もいじってたくさんイカせてあげるからね」

M字開脚をさせられ、いじっている所を鏡越しに見せつけられます。

「ほら、もう3本も入ったよ?奥が好きなんだね、たくさん掻き回してあげようね」

嫌らしい音をぐちゃぐちゃとたてて激しく中を掻き回され、奥に指があたるたびに体をのけ反り吹きながらイキます。

「あ・・もう・・・・おかしくな・・・・っあああっ!」

もう動けず声も絶え絶えになった頃、騎乗位になり腰を振るよう言われます。
腰を動かすたびにクリが擦れて何度もイキかけそうになります。

「そろそろ出すから口開けて」

口の前に手を添えて口を開けると、熱い精液をたくさん注がれます。
飲むよう言われてそのまま飲み込むと、えらいねと頭を撫でられました。

「気に入ったよ、これから指名するから。いつ出てるの?」

出勤する曜日を伝えると満足そうにまた頭を撫でます。
最後はお店の入り口までお見送りです。
三つ指を置き、ありがとうございましたと正座をしてお辞儀をします。
こうして初めての接客は波瀾でしたが何とか終了。
ふらふらと部屋に戻り片づけます。

そんなこんなでその日はその後時間的に帰る時間になったので終わり。
売り上げを頂いて帰宅します。

初めての接客で初めての固定客をゲット!
店長と社長に褒められ、お店の写真のテロップには期待の新人と書かれている!?
次回!撮影会!!
ここまでお付き合いいただきありがとうございました!